teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オーバークール

 投稿者:K310  投稿日:2016年11月21日(月)23時06分36秒
  オーバークールが何故NGか
題名①F1エンジンの始動方法
題名②タクシーEGが30万キロもつ訳
題目③ラジェータのエァー抜き
次回のカキコです。
 
 

電源ライン2

 投稿者:K310  投稿日:2016年11月19日(土)11時55分53秒
  オルタネーターマイナス端子など存在しないので、
+端子のなるべく近くのボルトにマイナスラインの端子を共締めし、
そこからラインを引き出しバッテリーターミナル(-)側に接続です。

従来は、オルタネーターケース→エンジンブロック→オイルパン→平編みアース線→シャシーフレーム→アース線→バッテリー(-)ターミナルと
遠回りしていた。

これだけ接続面が多いと、14V程の低電圧では接触抵抗のロスが大きい。
それを回避する為に、オルタネーターマイナス端子のでっちあげです。
 

電源ライン

 投稿者:K310  投稿日:2016年10月11日(火)22時18分36秒
  以前整備後引き取り、自身のカーポートに止めた数日後、エンジン始動を試みるが始動できず。調べによると、EGブロックとバックボーンフレームを繋ぐワイャーハーネスが緩んでいたのでした。FRPボディーがアースに弱いと悟り、電源ラインを引き直す事にしたのです。オルタネーターから直にバッテリーにラインを繋ぎ、全て1点アース&電源としました。+-共にバッテリーターミナルに繋ぎ、そこからフロントのラジエーター電動ファンとヘッドランプにリレーを通しダイレクトに接続です。  

10/9 Takao Sunday Meetiing

 投稿者:テラ  投稿日:2016年10月 6日(木)00時04分12秒
  こんにちは、テラです。
オフ会の掲示板に、10/9の京都・嵐山高雄パークウェイで開催されているTakao Sunday Meetingについて書きました。今年はルマンで行きます!
 

サーモスタット

 投稿者:テラ  投稿日:2016年 9月27日(火)08時26分27秒
  K310さん、ありがとうございます。
なるほど、そういう仕組みがあったのですね。これまですぐ水温が90度に上がっていたけど、今の時期でもエンジン初動時の水温はなかなか上がってくれません。怪しい水温系なのできちんと計測して対処し、低温タイプのサーモスタットを探して付けるなどしたほうが良いですね。
 

サーモスタット

 投稿者:K310  投稿日:2016年 9月26日(月)06時00分59秒
  テラさんサーモスタットは付けた方が良いです。V6Tまでのウオポンは冷却水がポンプ内部で循環する様に穴が空いていて、入口出口が繋がっているのです。この穴はサーモスタットが閉じている時、抵抗を減らす様ポンプ内部で冷却水を循環させています。
温度が上がりサーモスタットが開くと、サーモの下部に付いている円盤状のバルブが下がり穴を塞ぎます。
100%冷却水が回らない事、冬場のヒーターの効きにくさ、高速走行時水温の急低下等が問題です。
水温の急低下を防ぐため610のサフラン系EGではサーモスタットは入口制御に変更されています。
 

Re.Re.今度はプーリー異音

 投稿者:K310  投稿日:2016年 9月21日(水)22時03分43秒
  外せそうの → 外せそうに でした~  

Re.今度はプーリー異音

 投稿者:K310  投稿日:2016年 9月21日(水)21時59分47秒
  R25のでかい方はボルト止めでした。
錆びていたので電動インパクトと16□ボックスで外して見ました。
ベアリングもプーリーから外せると思います、
昔ロータリールーチェで経験しましたね。
ステーと一体になっているプーリーはカシメなので、
外せそうの有りませんでした。
ベアリングの購入は規格品なので、
伝動機ドットコムヤフー店かモノタロウで可能ですよ。

 

V6系の冷却系

 投稿者:K310  投稿日:2016年 9月 3日(土)18時08分41秒
  冷却系には問題だらけと思いますが?
冷却系の水路が5m近くあるV6系のアルピーヌにFF車のウォーターポンプをそのまま載せ。
更にパイプ径を細く設定、流速を上げるが対策を怠り、
結果ウォポンの周りはキャビテーションで
アルミ部品が溶けてボロボロ。

なので今回アルミパイプを用いて冷却路を新作したのでした。
T=2mmしか手に入らなかった為、クーラントが抵抗無く流れる様,
接続断面を全てR付けにしたのです。
が問題発生エポキシ接着剤で組んだパイプの返し部にLLCが浸食、
剥がれて液漏れでした。

ウォポンの内壁も研磨でした。






 

プーリーというかアイドラー

 投稿者:MIKE  投稿日:2016年 8月25日(木)12時43分17秒
  分解は不可です。
オイルシールが入ってないのでグリース切れしてるんでしょう。
まだ抵抗なく回るんだったら缶に大量のグリース入れて一緒に火にかけて煮るとかすればグリース再充填できるかも。
小さい方はMecapartsで買えますけどでかい方は無いみたいですね。
 

レンタル掲示板
/178