teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


年末と年始のお休みについて。

 投稿者:高塚  投稿日:2007年12月25日(火)08時52分39秒
  年末は27日(木)まで授業をおこないます。
年始は1月5日(土)から授業が始まります。
以上のようになっております。
 
 

内藤ルネさんを偲ぶ企画展

 投稿者:如月  投稿日:2007年12月 3日(月)00時06分56秒
  去る10月24日に心不全で亡くなったイラストレーター内藤ルネさんを偲ぶ企画展「アデュー内藤ルネさんの会」が今日、明日と銀座のスパンアートギャラリーで開かれています。
内藤さんというと、四谷シモンが澁澤龍彦さんが書いた記事でベルメールの人形作品の存在を知った直後、四谷シモンに自身が所有しているたくさんのフランス人形(関節人形)をみせてくれ、四谷シモンに関節人形制作への道を開いてくださった方です。
企画展では、内藤さんが亡くなる直前まで描いていた実質的な遺作等が展示されています。今日は、夕方金子國義さんも見えられ、賑やかな偲ぶ会になりました。
なお、明日(3日)は11:00から17:00まで開廊です。

スパンアートギャラリー
http://www.span-art.co.jp/
中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
TEL=03-5524-3060
 

本日(25日)の日経新聞

 投稿者:如月  投稿日:2007年11月25日(日)11時21分45秒
  本日(25日)の日経新聞「詩歌・教養」面に四谷シモンへのインタビュー記事が掲載されております。日経を講読されている方、ちょっと読んでみてください。  

そろそろ

 投稿者:maquis  投稿日:2007年11月18日(日)21時20分40秒
  「なごみ」12月号の発売日。
たしか28日だったと記憶しています。
大きな本屋さんですと毎号入荷しているのですが、注文になる書店さんもあると思います。
コーナーは茶道コーナーか、陶芸や書のコーナーに置かれていることが多いです。
 

秋も深まり

 投稿者:ルカ  投稿日:2007年11月11日(日)01時08分53秒
  銀杏も色づいてきました。早くもクリスマス・イリュミネーションの始まったところもありますねー。
森美術館に行きました。シモン先生の作品、懐かしいのがありましたね。機械仕掛けの少女の、くすっと笑ってる表情が大好きです。40年前の頭部、いいですねー。アムステルダムあたりの路地の行き当たりにある、怪しげな骨董屋のショウウインドウで見たような感じです。そのほか、若いアーティストの作品も素敵なのがありました。特に印象に残ったのは、冨谷悦子のエッチングです。ビアズレーが嫉妬しそうな才能です。村上芳正にも通じるゴシック美でした。
NHK教育も拝見しました。人生におけるエポックメイキングな出会いって確かにあるんですよね。四谷シモンにとって澁澤龍彦との出会いは運命だったんでしょうね。
わたしの血肉となっているのは、小学生のときから大好きだった宇野亜喜良、中学生の頃夢中になった塚本邦雄、高校生の時から好きなルドン、ギュスターブ・モロー、大学生のとき初めて実物を見てとりこになった四谷シモンの人形、などなど。
これからもたくさんのドキドキな出会いがあるんだろうなー。人生は楽し!
 

知るを楽しむ・私のこだわり人物伝

 投稿者:高塚  投稿日:2007年11月 5日(月)10時10分45秒
  明日6日夜10時25分からNHK3チャンネルで「知るを楽しむ・私のこだわり人物伝」が放送されます。澁澤龍彦氏についての思い出をシモンが語っています。
皆さん見てくださいね。
 

展覧会の画像を追加

 投稿者:如月  投稿日:2007年11月 5日(月)00時20分5秒
  四谷シモンの展覧会情報のページを更新し、『澁澤龍彦 幻想美術館』展(横須賀美術館)および『六本木クロッシング:2007 未来への脈動』展(森美術館)の展示風景の画像を追加しました。ちょっとアクセスしてみてください↓。
http://www.simon-yotsuya.net/information/exposition.htm
 

潮の香りのする美術館

 投稿者:如月  投稿日:2007年10月24日(水)12時40分33秒
  21日の澁澤邸での撮影をもって、『知るを楽しむ~四谷シモン編』の撮影は無事終了しました。どのような番組になるかとても楽しみです。
それと、番組撮影のため現在『澁澤龍彦ーー幻想美術館』展を開催中の横須賀美術館も訪問させていただきましたが、同美術館は、横須賀市郊外の海を見下ろす位置にあって、採光がとてもいいだけでなく、エントランスには潮の香りのただよう、とてもすてきな美術館でした↓。
http://www.yokosuka-moa.jp/
またこの美術館には本格的なイタリアン・レストラン「アクアマーレ」もついていて、たとえば海を見下ろしながらイタリアンを食べ、合わせて美術を鑑賞するといった予定を組むと、なにかとても有意義な一日が過ごせそうという感じです。
撮影はとてもスムーズにいきましたが、テレビの画面からはすてきな潮の香りが伝えられないのがとても残念です。
 

『六本木クロッシング』展

 投稿者:如月  投稿日:2007年10月15日(月)12時28分47秒
  六本木の森美術館で、『六本木クロッシング2007:未来への脈動』展がはじまりました(1月14日まで)↓。
日本の現代のアートシーンの最先端に立つとして絵画、彫刻、写真、デザイン、映像、漫画、ゲーム、人形、ペンキ絵、演劇などジャンルを問わず選ばれた36人(組)のアーチストがその作品を展示する企画展です。さまざまな作家が、既存の美術ジャンルにとれわれず、表現の枠や幅を拡げようと苦心しているエネルギーというかテンションの高さが、見ているうちにストレートに伝わってくるとてもエネルギッシュな展覧会だとおもいます。
http://www.mori.art.museum/html/contents/roppongix02/index.html
四谷シモンも1960年代制作の『頭部』から2004年制作の『少年の人形』まで、8点の作品を出展しておりますので、みなさんぜひご覧ください。
 

折角の土曜日

 投稿者:コロ  投稿日:2007年10月13日(土)23時16分55秒
  教室に行こうと息巻いていましたが、
ううう。。寝坊してしまいました。
 

今日から

 投稿者:高塚  投稿日:2007年10月13日(土)11時02分8秒
  丸善・丸の内本店4階ギャラリーで人・形展が始まります。19日までやっています。
青野明彦さん、石橋まり子さん、佐藤久雄さん、井桁裕子さん、阿部沢子さん、服部 南さん、近未来さんが出品しています。
みなさん、ぜひ、お出かけ下さい。力作、大作、可愛らしい作品達に会うことが出来ますよ。
 

二つの展覧会。

 投稿者:佐藤メール  投稿日:2007年10月 8日(月)00時50分55秒
   今日、ドールシンフォニーin Kyouto(京都文化博物館5Fホール 10月10日~14日 )への作品3点送りました。
 今まで,僕の人形は、東京近辺の人にしか見て頂けなかったので、近くの方が来られたら幸いです。
と言うより、他の出品者は、有名な方ばかりなので、見る価値はあるのではと、思っています。
 主な出品者は、安藤早苗 大竹京 伽井丹弥 緋衣汝香優理 篠原七生 粧順 戸田和子 山口景子 矢部藤子 です。

そして、13日からは、丸善丸の内本店の、「人・形展」が有ります。こちらにも、3点出します。
昨年に続いて二度目の出品ですが、そのレベルの高さには、背筋が寒くなるくらい、ぞくぞくします。
 

サイトの開設

 投稿者:春日。  投稿日:2007年10月 7日(日)22時40分33秒
  がパソコン買い換えないとできなそうでまだまだ先になりそうなので、
とりあえずブログを作ってみました。
気が向いたときにでも覗きにきてください。

http://47086648.at.webry.info/

 

東京国際映画祭

 投稿者:井桁裕子メール  投稿日:2007年10月 6日(土)08時53分14秒
  こんにちわ!ちょっとご無沙汰しておりますが、元気でがんばってます。
シモン先生の出演されている映画「アリア」 (坪川拓史監督)予告編が見られるようになりました。チケットも今日から一般発売です。まずはこちらでどうぞ!
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=137

映画祭での上映情報は以下です。
10/21(日) 19:20 - 21:05 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen1]
10/25(木) 19:20 - 21:55 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen5]
 ※25(木)はティーチイン・舞台挨拶あり
ゲスト:坪川拓史、塩野谷正幸、高橋マリ子、片岡正二郎、四谷シモン

Pコード 560-014全席指定 1300円
9/28(金)18時プレリザーブスタート
*10/6(土)10時一般発売スタート
 

サロン・ド・シモン

 投稿者:高塚  投稿日:2007年10月 2日(火)22時36分14秒
  三回目になるサロン・ド・シモンの申し込み受付を始めました。10月19日に
作家の津原泰水さんをゲストにお迎えすることになりました。
ホームページから申し込みができますので、興味を持たれた方はぜひ、どうぞ。
 

NHK『知るを楽しむ~私のこだわり人物伝』

 投稿者:如月  投稿日:2007年 9月28日(金)13時20分31秒
  NHK教育テレビの番組『知るを楽しむ~私のこだわり人物伝』
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200709/tuesday.html
が、11月、澁澤龍彦さんを特集し、そのコーディネーターの一人として四谷シモンが人形をとおして澁澤さんを語ります(四谷シモンの回は11月6日放送予定)。
他のコーディネーターは金子國義さん(11月13日)、細江英公さん(11月20日)、巖谷國士さん(11月27日)。個性的な四人がそれぞれどのような澁澤像を語るのかお楽しみに。
なお、『知るを楽しむ~私のこだわり人物伝』のテキスト(10月11月号)は、明日、全国の書店で発売予定です。
 

展覧会の案内ページ

 投稿者:高塚  投稿日:2007年 9月27日(木)10時33分25秒
  展覧会が続くので案内のページを作ってみました。チエックしてみて下さい。  

人形って

 投稿者:ルカ  投稿日:2007年 9月 9日(日)00時32分4秒
  台風一過でまた残暑、皆様体調に気をつけてくださいね。
7月放映の「時代の響き」を今頃やっと拝見しました。ロケあり、豪華ゲストあり(勿論特別出演の教室の皆さんも)で、見応えあります。
リアルな表現を目指すけれど生きているような人形を作りたいわけではない、人形は人形である、という四谷シモンの人形観にとても共感します。わたしの理想は、死んでるみたいにリアルな人形、なんです。ちょっと説明しにくいけど、「アラ、このヒト、生きてたことがあるんじゃない?」と思わせるような still life。
上手くなりたいと真顔でおっしゃるシモン先生、わたしもあと20年はガンバルぞ!
 

なごみ

 投稿者:maquis  投稿日:2007年 9月 5日(水)22時01分53秒
  取材終了ですね。
佐々木さんはお話が上手(さすが!詩人です)なので
時間があっという間ですよね。
「なごみ」は淡交社の月刊誌です。
今年の1月号から「人形」の連載をしています。
シモン先生はやはり『トリ』なのでしょうか?!
「人形」のページもよいのですが
「きもの読本和の装い」ページを担当されている木村孝さんと写真の世良武史さんとは
10数年来のお知り合いなので、こちらのページもよろしくです。
 

みなさん、ありがとうございました。

 投稿者:如月  投稿日:2007年 9月 3日(月)14時34分33秒
  武蔵野公会堂での四谷シモン講演会、おかげさまで満員御礼の大盛況でした。来場者のみなさん、関係者のみなさん、どうもありがとうございました。
おもしろいことに、講演会の前に吉祥寺の街を歩いていたら、偶然、佐野史郎さんの奥さん石川真希さんにお会いし、真希さんも、急遽講演会にかけつけてくださいました。
四谷シモンは、吉祥寺の雰囲気がとても気に入ったようです。
 

レンタル掲示板
/8